ナビゲーションスキップ

10,000円(税込)以上で送料無料|プレゼントキャンペーン実施中

About Us: Aquascutum since 1851

アクアスキュータムの由来

About Us: Aquascutum since 1851 photo

アクアスキュータムの歴史は仕立て職人のジョン・エマリーが、ロンドン西部の高級住宅地に紳士服店を創業した1851年に遡ります。創業時から、優れた職人技術と技術革新により業界の最前線をゆくブランドでした。
開業から二年後、エマリーは防水加工を施したウール生地を初めて作り出し、特許製品としました。
このユニークな開発がラテン語で水の盾を意味する「アクアスキュータム」というブランド名の由来となりました。
アクアスキュータムはこの成功により1895年、現在の住所であるロンドン中心部のリージェント・ストリート100番地の角に旗艦店をオープンすることになったのです。

About Us: Aquascutum since 1851 photo

"Aquascutum translates as 'water shield' from Latin."

ラテン語で「水の盾」を表す

アクアスキュータムと王室との関わりは深く、その始まりはイギリス王エドワード7世からプリンスオブウェールズ柄(グレンチェック柄)のコートの依頼を賜ったことから始まりました。1897年には王室の許可を受けた証である紋章入りの盾板「ロイヤルウォラント」を受け取り、その後長く続く王室御用達ブランドとしての歩みが始まったのです。まもなく1900年には女性用のアウターデザインにも着手しました。コートと帽子の機能性は当時、婦人参政権を訴えていた女性活動家たちを中心に支持を得ました。

About Us: Aquascutum since 1851 photo

The development of the trench coat

トレンチコートの成り立ち

アクアスキュータムのアイコン的存在であるトレンチコートは1914年、第一次および第二次世界大戦で戦った英国軍のために開発され、最前線で戦う兵士たちはその優れた耐久性や防水加工がを称賛したといいます。
徹底的にこだわった実用性と、欠点のないスタイルにより、トレンチはその後まもなくイギリスファッション界になくてはならない存在となりました。
トレンチコートのほかにも、1953年、エドモンド・ヒラリーと彼のチームがエベレスト登頂を目指すに当たり、時速100mile(時速160km)の突風に耐えるための特別な生地が開発されました。
ウィンコルというこの生地はその後、一般店舗で販売するために生産されるようになりました。

"The greatest technical advance in rainwear."

レインコート史上最高の技術革新

6年後、服飾技術の新たな改革がまたひとつ明かされることになります。
アクア5は「レインコート史上最高の技術的進歩である」と評されました。
この技術革新は布地に特殊な加工を施して、防水加工や防シワ加工を可能にしました。1966年、輸出業績の部門で英国女王賞を受け国外でも注目を浴び、国際的な成功につながりました。さらに10年後Vogue誌では125周年の特集が組まれました。

About Us: Aquascutum since 1851 photo

1980年代には、ジョン・メージャー元首相やマーガレット・サッチャー元首相を含む多くの政界の大物たちがアクアスキュータムを身にまといました。1996年にはオリンピックのための公式ユニフォームにも選ばれました。

About Us: Aquascutum since 1851 photo